【刺しゅうで楽しむスヌーピー10】使えそうなもの発見!

この号から自分で注文するようになりました。
発売日と同時に手元にあるのがいいですね。やっぱり。

さてこの号は

無地の紺の布(布巾の裏地)

刺しゅう糸は白(B5200)、赤(498)、黄土色?(420)の3つ。
ちなみに今回の糸は全く出番がなかったです(過去のものが残っていたので)。

以上!今回もシンプルですね。

布巾じゃなくてカバーにしちゃえ

まずは、前回の刺し子を仕上げてました。

刺し子はひたすら線を追って刺していくので、無心になれます。
無心になりすぎて、指示を無視しても、最後に全部刺せていればOKってとこもいいよね。

さて、本通りなら、この後、この号についていた裏地を付ければ完成ですが、
刺し子の布巾は手間をかけて作ったら使えないんですよ。
どんどん汚れていったり、糸を引っ掛けてしまうと切なくなるから。
でも、縫い縫いしたいから新しいものを作る…。
結果、自宅にすでに5枚ほど刺し子の布巾が待機中。

何か別のものにアレンジしたいなぁ〜と思ったら
ありました!

クッションカバー!!

少しだけ足りない部分は、家にあった布をリボン状にして、表裏の4つの辺それぞれに足しました(つまり8本ね)。
洗えるようにセリアで買ったファスナーも装着!!

よくなったじゃありませんか!!

ジャストフィット!!
写真じゃ分かりにくいですが、白以外はグラデーションが入った糸で、なかなかのもの。

今回も良いアレンジになりました。
このクッションはもう一つあるので、
今後のウッドストック版が登場することに期待。

春のタペストリーは、ちょっと予想と違う…。

実は、クッションカバーがあまりに上手くいったので、タペストリーに取り掛かるのに時間が空きました。

その間にコマドリの方法を改良しようと思って、
どうせならスヌーピーのフィギュアを入れて撮ってみようと思って、やってみました。

なんですかね。なんだかしっくりこず。。。
コマドリ用アプリを使ったにも関わらず、ズレてるし。

フィギュアにもピントが合わず…。
ここは改良の余地あり。
って、刺しゅうとは別のところで、こだわり出していることに問題があるのかも?

なんだかんだで現状は

周りが埋まってきて、良い感じです。
春のタペストリーは
25号で完成予定で、今は10号。
先は長いですね(苦笑。