【刺しゅうで楽しむスヌーピー7】え?そこまでですか?

早速中身をチェックしてみましょう。

ペンケース用の布と接着芯。

刺しゅう糸2種類。オレンジ(No.740)と黒に見えますが、焦げ茶(No.3371)です。

春のタペストリー

今回は2箇所です。

まずは、蝶々

これでスヌーピーの部分が完成ですね。

そして、お花。

これね、今号はおしまい。
ええ、ウッドストックも大きなお花も、今回はお預け〜。

全体的に見ても、中途半端なんだよね〜。25号で完成なので、あと18号かかると考えると…。
ゆっくりペースですよね。

ペンケースを作ろう

さて、7号はペンケースを作りですね。

ベースの生地に接着芯を貼り付けます。

って、貼ったんですけど、刺しゅう後は端のほうが剥がれました。
接着芯て貼り方にコツがいるんですよね。
改めて勉強し直し

  • アイロンを汚さないようにクッキングシートを接着芯の上に貼る
  • 貼るときは、アイロン中温・ドライで、15〜20秒、しっかり体重をかける。
  • スチームの孔があるので、穴を埋めるように、こまめに押さえる
  • 伸びないように放射線状に押さえていく。

だそうですよ。次回はちゃんとやろ〜。

ということで、刺しゅう。

今回は、刺しゅうがかなりハードでした。

赤に灰色の印刷で焦茶の刺しゅう。

見づらいのよぉ〜。

老眼の自覚はないのですが、目がしょぼしょぼするよぉ〜。

そもそも印刷が薄くて刺しゅう糸を刺すと印刷の線が見えないところがあります。
例えば
スヌーピーの眉毛をフライスステッチで刺します。

という工程があるんですけど

これ、どこに眉毛あるの?刺しゅう糸でわからなくなっちゃた?

あるの???

嘘ぉーん。

他にも多少分かりにくいところがありますが、なんとなくで縫っていきました。

あとは、次号〜。

ウッドストックもね。