【刺しゅうで楽しむスヌーピー6】中身もすっきりさせたいのだ。

GWの間に届きました〜。

6巻は

刺しゅう糸、2種類。ブルー(No.792)と赤(No.321)の4mずつ。

ブルーの布

接着芯

ボタン

以上です。

シンプルですね。

ケースを完成させよう

まずは、ブルーの布と接着芯をアイロンでくっつけます。

布の縁をほつれないように、

手縫い

します。

え〜。

ここは、ミシンを使いました。

ミシンでやってもいいよ。って書いてくれてもいいと思うんですよ、ディアゴスティーニさん。

そして、袋にしていきます。

あとは、前号のパンチングニードルをした布を出してきて、

蓋を作ります。って、この時点でミスりました><。
スヌーピーの頭の部分をもっと下にしないといけないんですよね。
冊子には、ちゃんと長さを指定してたのですが、見逃しました(がーん)。

そこは、置いといて。
蓋をつける前に何気にブルーの袋部分を確認すると

なんか、糸いっぱい出てるんですけど〜。

折り曲げて縫っているので、仕方ないのですが、
なんか気に入らない〜。

小学校の家庭科のキットみたいなイメージになってきた。

え〜〜〜いい、解いて、縫い直しちゃえ〜。
もう蓋がずれたのも、いいよう直しちゃえ〜。

でけた。

中身は

はい。綺麗になりました、満足〜。

次回は先に完成の状況を想像してから、作り方を変えないといけないですね。
微妙にハードル上がってますやん。

勢いでタペストリーも作っちゃえ

この勢いでタペストリーも行っちゃいましょう。

今回は、ウキウキのスヌーピーですよ。
春っぽくてかわいい〜。

今回は、スヌーピーはアウトラインステッチ。
線がにじんだような感じになって、味がありますね。

うん?蝶ですか?
次回だそうです…。

今回は

どんどん色づいていくの楽しくなってきました〜。