刺しゅうで楽しむスヌーピー1(ハンカチ編)

ディアゴスティーニ♪

って思わず、フシをつけて言ってしまうのは、なぜだろう。。。
毎号買って何かを作る雑誌の代名詞のディアゴスティーニ。

私も
ガイコツのアーサー君とか
スヌーピーのフィギュアとか
藤の小物作成とか
革小物とか
買いました、途中というか、2号ぐらいまで。
つまり本屋さんにおいてあるレベルまでという意味ですね(汗

で、そんな私が懲りずに
買っちゃいました。
スヌーピー好きだし、刺しゅうもするし。
ちょっとした空き時間にチクチクしたらいいかも〜って

それにね、きっかけは古畑任三郎DVDコレクションをチェックしようと思ってHPを見た時に、このシリーズが紹介されていたんだけど
その時は
全25巻って書いてあったと思うんですよ(多分)。

25巻なら続けることできるかも〜。って思ったので、購入したら、全80巻で終了って書いてました(嘘や〜ん)

このシリーズ隔週なんで、25巻でも今年1年かかるのに、全80巻・・・続けられる気がしない。。。
が、定期購入の手続きしちゃったよ。どうするかな??
とりあえず、できるとこまで続けるということで、自分を納得させています。

では、気を取り直して
第1巻の内容は・・・

針、2種類(縫い針と刺しゅう針)

刺しゅう糸

手縫いの糸

下書きが描かれている布

ただの布

以上です。あ、冊子もついてました(シリーズの紹介がメイン)。
1号では、刺しゅうの一部とハンカチの一部ができます。
1号では完成させないところが、ディアゴスティーニ風。
次からお値段が定価(1390円)になるしね。

ということで、ハンカチ(スヌーピーとイニシャルの刺しゅうを入れるようです)から

まず、布を四角に整えます。
って、そこから?。
なになに、端の糸端を抜けと・・・

割と斜めになっていたので、結構な量を引き抜いたけど。。。大丈夫か?
それをアイロンで整えて、42cm角にすると・・・

いやいやいや

糸を引き抜いたせいで42cmより短いんですけど!!
それ、注意書き要りませんか?
“糸を抜くときは長さに注意して“とか

ひぃ〜、最初でコケたよぉ〜。
仕方ない適当に四角にしよう(38cmぐらいになったかと)

次は、アイロンかけて

うん?端をまつり縫い。


4つの辺全部?
手縫いで、まつり縫い??
だから作業時間1時間なの?
いやいやいや

うん、あれだな、ここは
ミシンだな。
うん。

サボってないよぉ〜アピールで二重にしときました。

これで完成!
って、、、いいのかこれで?

2号でスヌーピーの刺しゅう用のシートがつくので、仕方ないですが、
本来なら、手縫いで、まつり縫いしたら終わり。。。
これ最初のインパクト低いな。。。

まぁ、もう一つの刺しゅうがあるから大丈夫かな。
と思ったら、思わぬ落とし穴がありました(次号に続く)